読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

煩悩パンダ

シロクロはっきりさせません

一般人でも歯は命

病院で「なーんか熱っぽいので風邪だと思うんですよね」と言ったら医者に「それはワシが決めることじゃ」と怒られたことがあります。

患者相手に怒るなんて心が狭すぎるような気もするのですが、まぁ確かに余計な先入観が命取りになることもあるのでしょう。そのあたりナーバスになる気持ちもわからないでもありません。

でもだからって怒ることもないとも思うのです。

それによって私のような小心者はプルプルと萎縮して症状を説明できなくなってしまうということもあるかもしれません。

「便秘のような気が、、」

「それはワシがきめることじゃ」

「骨が折れてるような気が、、」

「それはワシがきめることじゃ」

 「次回の予約は、、」

「それはワシがきめることじゃ」

 

…ではサヨナラ……って帰ろうとするフリから!いきなり振り返って!!

 

「今日の晩御飯は、、」

「それはワシがきめることじゃ!!」 

 

ここまで付き合ってくれたら逆に好きになっちゃいますけどもね。今度はナニをキメてもらおかな?ってワクワクしてしまいます。そんな楽しいお医者さんいないかな?

 

まぁそのような苦い経験を持つものですから、このあいだ右の奥歯がズキュンバキュンと痛んで歯医者を受診したときも「虫歯かなと思うんです」とは言いませんでした。

まぁ実際は「はーん、どうせ虫歯でしょ」と思い込んでいたんですけどね。

 

 

 

歯周病でした。

 

 

 

歯周病でした。

歯周病でした。

歯周病でした。

 

自己判断てほんと危険。