読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

煩悩パンダ

シロクロはっきりさせません

東京→大阪、深夜高速バスの旅(出発編)

4月21日金曜日、午後10時30分。

私は今、東京駅近くの鍛冶橋駐車場におります。

これから人生初の夜行バスに乗って、大阪に向かおうとしています。

どきどきどきどきどっきどきです。

f:id:panpen:20170421224628j:image

それにしてもたくさんの人がいて、たくさんのバスが駐まっています。

この時間帯は10分ごとに5台〜8台ずつくらいのバスが発車しているみたいです。ひっきりなしにバス号車のアナウンスが流れます。全て肉声、そして全て日本語。海外の方はさぞ神経を尖らせていることでしょう。

 

そうこうしているうちに、私が乗るバスの乗車受付が始まったので、バスに乗り込みましたよ。

 

 

f:id:panpen:20170421225908j:image

私が乗っているバスは満席です。

前方半分には男性も乗っていますが、後方半分は女性専用エリアです。座席に座るやいなやルームシューズに履き替えてる人もいるし、首にスポッとはめるタイプの枕をスタンバッてる人もいます。準備万端。乗り慣れているのでしょうね。

そういえば、バス駐車場のトイレに入ったら、化粧をクレンジングしてる人がいました。その横の人は歯磨きをしていました。

深夜バスに乗ることがまるでベッドに入ることと同じような感覚なのですね。プロだわ。

 

ではこれから約10時間のバスの旅。次回は大阪からお届け致します。

まもなく消灯。おやすみなさい。